来場のお客様へのお知らせ


  日本からわずか3時間!! 今年こそ本物を撃とう!!                       グアム最大の屋外射撃場【G.O.S.R.】は、唯一の保険加入している野外射撃場であり、インストラクターは全員がNRA(全米ライフル協会)会員です。銃を扱うに当たり一番大切なことは「安心・安全に射撃が出来る。」 ことで、G.O.S.R.では初心者の方には、たとえホルスターを持参しても銃を腰に下げさせるようなことはしません。銃を置く場所がないからとか、お客様が喜べばいいとの安易な考えで初心者に実弾を込めた銃を腰に下げさせる無保険の射撃場とは違います。G.O.S.R.は自社で広大なシューティングレンジを持ち、スタッフがマンツーマン指導し、安全を徹底しているからこそNRA公認射撃場であり、保険も加入できるのです。グアム警察、空港警備隊、US軍隊の公認を受け、ボーイスカウトの訓練施設として、また日本からは警察官、自衛官が訓練目的、サバイバルゲーマー、銃愛好家、体験射撃の方などが安全を求めて数多く訪れる射撃場・・・・・・それがG.O.S.Rなのです。

clickbanner

大和撫子コース

特典

BDU広報

GOSRにご来場されるお客様で、「本物を撃つなら、BDU(バトル・ドレス・ユニホーム)を着て撃ちたい。」「本物を持って、記念写真を撮りたい。」と話される方が非常に多くいらっしゃいます。
特にサバイバルゲーム、モデルガン愛好家の方は、服装にもこだわれるのですが、「BDU一式をスーツケースに詰めると、とても入りきならいのであきらめている。」とのことです。
GOSRでは、こう言ったお客様に答えるべく「レンタル出来るBDU。」を実施する目的でBDUを島内関連ショップで探したのですが、島内ではサバイバルゲームを楽しむ方は皆無ですし、グアムではBDUを着用する者は軍人と見られるため、日本のように豊富なBDUを集めることが出来ません。

そこで、GOSRをこよなく愛していただいている皆様にお願いします。
ゲーム等で使用しなくなったBDU(レプリカ可)をGOSRに貸し出していただきたいのです。
もちろん無償ではなく、貸し出していただいた方には、それなりの対価として、GOSRご利用の際は、対価に見合った弾を提供したいと考えております。
貸し出していただいたBDUには、一つ一つ識別記号(小さな布を縫いつけ)を付け、どなたが提供したBDUかわかるように管理します。
(各国軍隊、各国警察特殊部隊、CQBスタイルなどの服、ブーツ、ヘルメット、ベスト等々)

段ボール箱に詰めてGOSR日本予約センターまで着払いで送付していただければ助かります。
また、GOSRに行かれたときに持ち込まれても結構です。   よろしくお願いします。

また、実際にGOSRでのレンタル開始は概ね8月初旬からの予定です。

*募集開始 5月20日~~当分の間

*郵送していただける場合は、予約センターまでメールをください。 

【Eメール】  j-reservation@gosrjapan.com

【直通電話】  090-1039-1153 /  048-229-1575

                                                                                      

 

 gosr_toppost01

<

p style=”color: #000000;”>金曜夜出発-日曜夜帰国可能会社を休まずに行ける! 標的まで最大90m!民間射撃場としてはグアム最長! 米国本土直輸入のフルロード弾薬使用! 弾込めもご自分の手で! 島内野外レンジでは唯一快適なクラブハウス隣接!  送迎サービス(有料)あり!

G.O.S.R. 情報

■■■G.O.S.R.Gun情報■■■

 

45_colt_m1991a1[1]M1911(コルト・ファイヤーアームズ社)            口径45                                使用弾45ACP弾                        装備弾数 7+1                            重量1,130g

 

G.O.S.R一番人気の銃。初めてのお客様からベテランまで、人気があり、数多くのファンがいる。通称コルトガバメントと呼ばれているM1911は、そのナンバーが示すとおり米軍が正式採用した年が1911年で、その年号からM1911と呼ばれている。(後に改良されたM1911がM1911A1である。)1985年に米軍はベレッタ92Fを後続採用したが、実に80年以上も使われ、今も一部部隊では使われ続けているため、使用年数を加算すると100年以上も使用されている。開発は、軍から突進してくる敵を一発で動きを止められる銃を求め、ジョン・ブローニングが開発した45ACP弾を使用する銃としてM1911が誕生した。セフティ装置は、グリップ後方にあり、引き金を引いてもグリップを握らない限り撃鉄は落ちない。GOSRでは、このM1911を初め、発展型として

45_kinber_tle-e1420261980451[1]                Kinber

45_para-x[1]                Para-X

の他、スプリングフィールドM1911など数多くの1911系を所有している。

掲載情報

実銃射撃 in Guam 一冊まるごとG.O.S.R.!
ホビージャパンさんから発売されている「実弾射撃 in Guam」は現在のG.O.S.R.の集大成でもあります!
最新のハンドガンやライフルからアンティークモノまで一挙にご紹介!
この本を見ればG.O.S.R.の魅力が伝わるはずです。
是非ご一読ください!

 

■■■G.O.S.R.担当者の携帯電話番号が変更となりました。■■■

旧電話番号 090-9393-1153

新電話番号 090-1039-1153

アームズマガジン掲載の旧番号は使われておりませんのでご了承ください。

 

 

 

グアムで唯一の保険加入射撃場・GOSR!|グアム・アウトドア・シューティング・レンジ

Top